一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

カウンセリング実習

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

カウンセリングの練習が続くと、だんだん悩みごとのネタが尽きてきますよね(^-^;

#そういや養成講座に通っていた時はストレス少なかったかも(笑)

ここでお勧めしたいのですが、悩みごとを話す際、できれば「職場での悩み」「周囲(家族や友人)についての悩み」辺りです。

この辺は、実際の悩みごとでももちろん多いですし、実技試験のテーマに選ばれがちです。

例えば

*ママ友とのつきあい方(距離感が難しい)

*職場の後輩に何と注意すれば良いか困っている

…と言った具合に、あまり深刻ではなく、話しやすく、相手も答えやすいものが良いです。

実は、実技試験の際は、クライエント役の時も採点対象なのです。

また、見知らぬ相手とペアを組むため、相手がやりやすいように話してあげると、相手もお礼(笑)にやりやすい話題を振ってくれます。

今のうちからこれを意識してカウンセリングをしていると、充分実技試験対策になります。

もちろん、共感&傾聴を忘れずに⭐

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です