一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

クライエントは楽しい

2019/06/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

今日は、クライエント役について書いてみたいと思います。

私は普段、いわゆる「ワンオペ育児」を長年していましたし、その子供も小さかったので(夫が7年単身赴任をしていた上に、いる時も帰宅は深夜)、大人と話す機会がとても少ない状況でした。

会社に勤めていた時は、比較的大人と話せていたのでそれがストレス解消にもなっていましたが、退職するとまた子供たちとの蜜月の日々。

が、しかーし。

養成講座のクライエント役は、会社以上にいいストレス解消になります。

何しろ、自分のちっぽけな悩みを結構長い時間口も挟まず、みんな真剣に聴いてくれるんですから。

しかもほぼ毎週。

しまいには「今って、悩んでることなかったっけ?」って思う始末でした。

実際にこの時期は悩み事が少なかったな~~。

思う存分喋れるから、終わった後はすっきりしてるし(笑)。

やはり、カウンセラーを目指している人は誠実でまじめな人が多く、親身になって聴いてくれるからなんですよね。

そして、養成講座が終わって、資格を取った今。

たまにカウンセラー友達に会うのですが、会った後は勇気や新しい気付きがもらえるんです。

やはり、自分の周りにいる誰よりも、真摯に共感して聴いてくれるからだと思います。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です