一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

クライエントは自分の鏡

2019/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

みなさーん、夫婦喧嘩してませんかー?

…って、うちはよくしてました(笑)。

過去形にしたのは、最近夫婦喧嘩が減ってきたから。

その代わりに子供に怒ってることが多いかも、ですが…(´・ω・`)

 

最近(今頃かっ)気付いたのですが、夫婦って鏡なんですよね。

こっちが怒ってばかりいると、向こうも怒ってるし。

そうすると、こっちもますますむかついて、ヒートアップ。

悪循環以外の何物でもありません。

…と言うわけで、なるべく怒らず、「お願い」として頼み、なるべく自分がしてほしいようにしてみました。(食後にコーヒーを飲むか尋ねてみたり)

すると、あら不思議。意外と喧嘩になりません。

相手が穏やかだと、こちらも穏やかにならざるを得ないのてすね。

で、気付いたわけです。

これ、カウンセリングに言えることなんだなー、と。

いつもいらいらしてるカウンセラーに、自分の悩み事なんか話せないですよね。

どうせなら、穏やかで誠実な、じっくり話を聞いてくれそうな人に話したい。

はい、これが産業カウンセラーの基本です!

穏やかで、親身に話を聞いてくれそうな、誠実な人となり。

クライエントの話を遮らず、じっくりと聴く。

実技免除対策はもう始まっています!

クライエントは、カウンセラーを写す鏡でもありますから、きちんとアイコンタクトを取りながら、親身に聴いてみましょう。

カウンセリングの後、クライエントが安堵の表情をうかべてくれた時は、実にカウンセラー冥利に尽きますよー!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です