一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

ヒトシくん(ノーと言えずに)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

産業カウンセラーの勉強をしていない人にとっては、誰だそれ?てな話題です(^-^;

通学コースがなくなったということでコレいつやるか、もしくはやっていないのか分かりませんが、書きたいと思います。

「ノーと言えずに」と言うのは、産業カウンセラー協会が作成した学習用のDVDです。

私の通っていたころは、入学式と夏休み明けの二回視聴し、ディスカッションを行いました。

当初、「仕事を辞めたい」という相談でカウンセラーに話を聞いてもらっていたヒトシくん(ヒトシさんか?)が、徐々に「気付き」を得て、独り立ちしていく内容になっています。

入学式の時は「いらいらする男だなー」と思うヒトシくんですが、不思議なことに二回目の視聴の時は自分の中で「見守り」に近い感情が生まれていました(笑)。

学習効果ってすごいですよね…(笑)

…って、書きたいのは感想だけではありません。

もしこれを授業でやるのであれば、宿題に出ます!(笑)

これ、逐語に続いて重要な課題になるはずです。

この解析が、その後の実技試験や実技免除に必要な「振り返り」の大事な要素となりますので、是非時間を掛けて取り組んでみてください。

その際に盛り込んだ方が良いポイントは

①カウンセラーとクライエントの「位置」の変化

②自分の「カウンセラー」としての視点(画面のカウンセラーと同様にヒトシくんを見る)

③カウンセラーの行っている「かかわり方」の解析・移り変わり

④ヒトシ君の変化

これらに注目して、それを盛り込んでレポートを作成してみてください。

きっと良い評価を頂けると思います♪

(ちなみに私はAでした*^_^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です