一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

マドモアゼル

2019/05/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

2006年頃の、出産前に書いたものです。

ーーー

今日、郵便局へ支払いに行ったところ、窓口で「機械でご入金いただくと1件辺り40円安くなります」といわれ、2件あるから80円も違うのか、とATMへ向かいました。

並ぼうとすると、背後から
「ちょっとお嬢さん!アタシが先よ!!」との声が。

振り返ると、おばさんがリュックと振込用紙を片手に立っている。
恐らく、このおばさんもATMの方が安いと聞いてこちらに来たのだろう。

おばさんは私のお腹に気付いたのか
「アラ、ごめんなさい。お嬢さんじゃなくてマダムだわね…」

逆なら大変だが、この場合いいんじゃ?…などと思いつつ「いいえ~」と言うと、更におばさん「マダム…んーマドモアゼルね。マドモアゼ~ル」などと続ける。
「アレ?マドモアゼルは未婚のお嬢さんに言う言葉じゃないのか?」と思いつつ、愛想笑いを浮かべるO型のわし。

この様子を見るに、果たして、このおばさんにATMでの振込みが無事に出来るんか?!と心配していると案の定、「アラ、硬貨が入らないわよ」みたいにぶつぶつ言っている。
覗き込む訳にも行かないので、しばし後ろで傍観していると
「1200円!」とか画面に叫んでいる。

いや、相手機械だし…

多分「硬貨」というボタンを押さないから、硬貨の入り口が開かないんじゃないかと推測していたところに、おばさんの横をサラリーマンが通り過ぎる。

するとおばさん
「ここ(紙幣口)に硬貨入れていいのかしら?」と尋ねている(@_@)

おいおい~~~と後ろで思っていると、サラリーマンが
「いや、それは無理でしょう…多分ここで…」みたいに教えてあげて、無事終了。

そして、おばさんは何事もなかったように去って行った。
私も初めてやってみたけど、別にATMに向かって叫ぶ場面もなく、つつがなく終了。

頼むから、窓口のおにぃちゃんも、相手を見てからATMを勧めて欲しい…
周りに迷惑ですよ(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です