一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

妻にもう一度好きになってもらう方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

…て、これQuaraで頂いた質問なんですけど。

他の回答者さんは結構シリアスな問題としてとらえていたようですが、私はそうは思わず、気軽に回答させていただきました。

質問の背景と我が家の状況が同じかは分かりませんが、最近、ちょうどこの経験をしたばかりなので(笑)、簡単に経験談をお話します。

やはり、結婚生活が長くなり、夫婦と言うより子供たちの親としての側面が多くなりますと、恋愛感情は薄れますよね。

正直、夫より子供たちの方が気になりますし(笑)。

ただ、ここしばらくあったトラブルの際、ある程度私が手を尽くした後に、夫がきっぱりと男らしく「俺がやるから」と、時間を作って直接解決に結びつけてきました。普段のらりくらりと生きているように思っていたけど、やる時はやる男なんだなー、と見直しました(笑)。

…分かりやすく言うと、「ギャップ萌え」でしょうか(笑)

普段、妻の前で「しょうがないお父さん」が急に頼りがいのある男らしさを見せてくると、「あらっ?」と惚れ直してしまうと思いますよ⭐

ーーーーーーーーー

夫婦生活も長くなり、子供に恵まれると夫婦というよりは両親に。

子供が巣立ったら何を話せばよいのだ?!なんて思ってしまう日もあるのですが、私には秘技・傾聴と、忍法オウム返しの術がありますので、きっと乗り切れると思っています♪

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です