一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

小論文

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

脱線が続いていたので、産業カウンセラーの話に戻ります。

課題で、小論文は出ていますでしょうか?

恐らく何回か出ていると思うのですが、何を書こうか、悩みませんか?

私は若い頃に何年かエッセイ教室に通っていたこともあるくらい、文章を読んだり書いたりが好きなので、苦にはなりませんでしたが、周囲は「苦痛」と思う人も多かったようです。

課題に限らず、小論文を書く時のポイントは、

*頭でっかちにならない(「起承転結」として、全体のバランスの配分を考える)

*「余白」も重要なので、ぎちぎちに詰め込まない。(内容が変わる時は改行を)

*重要なポイントがどこか見極める。

*書き終わったら、必ず何度も見直す。(余計な部分は削除し、同じ表現が続いていないかチェック。)

…で、産業カウンセラーの課題の場合は、必ず「カウンセラー」目線を意識する。

普段であれば、作文は自分語りになりますが(笑)、気付きがあったり、「普段なら聞き流すところを傾聴してみた」など、具体的な事象を入れるのもGoodです。

楽しんで書いてみてください♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です