一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

挙式の想い出

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

1x年ほど前の話ですが…(^-^;


オーストラリアから戻り、なんだかだらっとしていたけど、今日は挙式なのである。
元々は、二人での海外挙式を考えていたけど、オーストラリアは義母と一緒の旅なので、向うの母親がいてウチの父がいないと言うのもナンかなぁ…と、都内で挙げる事にしたのだ。

こうして思い起こせば、

1.海外で二人で挙げるつもりだった
2.義母がオーストラリアへ行きたいと言うのでついでにここで挙げる事にした
3.ふと、父の存在が頭をよぎり、オーストラリアは旅行のみにした
4.風景のきれいなところで写真が撮りたいと思い、八ヶ岳での挙式を企画
→「リゾナーレ」に狙いを絞り、身内で挙式し、一泊しようと考える
更にペットが泊まれることに色めきたち、すっかりその気に。
5.父が「それなら日帰りで帰る」と言い出す
6.自分たちだけで泊まるわけにも行かないので、都内近郊で探し始める
7.八王子や立川の会場だと私の眼鏡に叶う感じの場所であり、相方に提案
8.中途半端だと言われる
9.父が「十二社天然温泉」(新宿にある古い健康ランド)でいいじゃないかと言い出す
10.せめて荻窪の健康ランドにしろと、意味の無い反論を繰り返すも、一度ペット同伴気分でいっぱいになったので、ペット同伴可の場所を探す
11.デキちゃった婚でもないのに、1~2ヶ月で探すわしらにゼクシィカウンターも呆れ気味
12.ここまできたら、日程を母の命日&相方と初めて出逢った12/23に断定
13.感じもよく、同じ渋谷区内のレストランに決定

…と、紆余曲折があったものだ、とシミジミする。

そして、この「ペット」「雰囲気」で決めた式場が大当たりであったことを本日思い切り再認識。

正直、「best」じゃないと思っていた。
時間無かった割にはよく見付かったよね、「better」だよ、って感じ。

でもねー…
レストランはホントいいよ(T_T)
一日に何組もある式場やホテルと違って、すごくアットホーム。
係の人たちも本当に親切。
料理も美味しいし、一人一人メニューを変えたりするなんてこともやってくれる。

そう、そして、家に指輪を忘れてくるよーなバカにも優しい。

係の人に「そろそろ指輪を預からせて頂いて宜しいですか?」といわれ
「あれっ?!」
なんと、うちの相方は当日指輪を忘れて来やがった…

しかし本人ちっとも動じず
「いやー、慌てるとろくなことないですね」と涼しい顔。
たまたま早く来ていたお兄さんに、タクシーで取りに帰ってもらったんだけど…
焦ってるのは係の人とお兄さん。
相方はのんびりと髪の毛をヘアメイクさんにセットして貰っている。

そして、義母は「それがないとダメなんですか?」と言い出す始末。
オイオイ、指輪の交換をしないと結婚出来ないってば!

無事、お兄さんは時間前に戻ってきてくれ、何事も無かった様に挙式開始。

本当に渋谷にして良かったよ…(T_T)

ここは、レストランにしては珍しく、チャペル併設。
写真映えするように、牧師も外人を派遣してもらったのだが、大正解。
やっぱりチャペルは濃い顔の方が似合います。

最後、教会のドアが開いたら、レストラン中の人が集まって祝福してくれました。
まじで感動して、泣きそうになりました…
ここにして本当に良かったよ…(ToT)

そして、一番の楽しみ・写真撮影。
ウチのかわゆいかわゆいコパルちゃん(フェレット)を抱っこして撮影。
なかなか正面を向かない我が子に、スタッフが一生懸命気を引くように手を動かしてくれていた。
こんなとこも、レストランウェディングならではです。

コパルには、フェレット用のシルクハット・蝶タイを付けたのですが、この写真がもう大好評。
「ぬいぐるみかと思ったー!」
「かわいすぎるぅぅ!」
「ごめん、あかりちゃんキレイだけど、それ以上にコパルちゃんかわいい」
…何も不満はありません。
親ばかですから(笑)

お料理もとっても美味しかった。
>身内だけだから、しっかり全部たいらげた(笑)

後は、2/25のパーティーを成功させるのみ!

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です