一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

産業カウンセラーかキャリアコンサルタントか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

産業カウンセラーを目指す人にとって、気になるものが「キャリアコンサルタント」だと思います。

産業カウンセラーが国家資格でなくなった代わり?に、現在キャリアコンサルタントが国家資格となり、頑張って取得している方も多いと思います。

実際に、応募資格の中に「キャリアコンサルタントの資格保持者」という就職(採用)の募集も何件か見ました。

…とは言え、キャリコン自体まだまだカウンセラーとの棲み分けが出来ていないような感じに見えました。(むしろ、産業カウンセラーの方が案件としては多いかも?)

実際に、私の養成講座受講時の同級生は、学科試験合格で保留にしたままとのこと。理由は、年間一万円の会費が倍掛かるから、ですって(笑)。

また、産業カウンセラーで叩き込まれた傾聴と真逆になるので、何だか馴染めず、やむなくシニア産業カウンセラーを目指す、と言った子もいました(笑)。

私自身、立ち位置を定めてクライエントの求めているものを考えれば、傾聴だけて難しいことは百も承知ですので、ベースは産業カウンセラー+αでいけば、特にキャリコンはなくても良いかな?と思っています。

 

ちなみに先日、カウンセラーを多数抱えている、という企業の話を伺う機会がありましたが、キャリコンはまだまだ世間の認知度が低く、中途半端な感じがする、とおっしゃっていました。その企業にいるキャリコン保持者の方に限る話かも知れませんが、対外的にはまだ産業カウンセラーの方が知名度も高く、使い勝手が良さそうですよ⭐

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です