一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

童謡うたのえほん

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

2007.9.7の日記です。

昨日、イトコからプレゼントで贈られてきた。
絵本のボタンを押すとその歌が流れる、便利な絵本です。
(ドラえもんとかも入ってるけど、著作権の問題でドラえもんの絵はない・爆)

出産してからセンターでよく童謡を聴くので、童謡は最近何だかおなじみです。
それで、懐かしく思い出しながら歌ってみたりするのだが、大人になってみると、童謡って実につっこみどころ満載。

特に、この絵本の中では「桃太郎」。

1番の
も~もたろさん ももたろさん
お腰につけたきびだんご 1つ私に下さいな

コレはいいですよ、犬だかサルだかの素直な要求じゃないですか。

しかし、2番。
や~りましょう やりましょう
これから鬼の征伐に ついていくならやりましょう

…オイ。
たかだかきびだんご1個でそんなツラいことをさせるのか?!

なのにこいつら、
「あなたについてどこまでも 家来になって行きましょう」

…正気か?
きびだんご1つでそんな激務を引き受けるのか?
つーか、きびだんごごときで家来になっちゃうのか?!
理解不能です。

後半は割愛しますが、その後、鬼退治を楽しそうにこなし、故郷に帰って来る訳です。

でもさ。

たまたま勝てたから良かったようなものの、本来はまず負けそうじゃん?だって子供やら動物だよ?
そもそも、鬼は退治されるような悪いことしてたんか?
せっかく「鬼が島」に引きこもってたのに、わざわざ倒しに行かんでも…
100歩譲って、次に村を襲って来た時でも良かったんじゃ?

童謡の、陽気なリズムにだまされてはいけません。
アニソンでもありがちですが、大体2番以降はひどいもんです。

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です