一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

逐語の問題について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

学科試験の中には、逐語に関する問題もあります。

「も」あります、というより、知識満載!難易度高っ!の学科試験の中で約半数を占めている訳ですから、有り難い話です。

こんな言葉知らないし!誰これ!みたいに悶絶しなくても、普段の学習を思い起こせば、決して難しくはない逐語の問題。

ある意味試験勉強中の休憩感覚で取り組んでいました(笑)

眠気満載のテキストを読んで「もうだめだ」と思った時は、逐語問題に取り組んでくださいね。

ところで、良く言われているのが…

①理想的なカウンセラー

②難ありなカウンセラー

…の二種類が試験に出る。どちらか一つは難しいが、もう一つは簡単なので、時間が余るというもの。

 

結論から言うと、そんなことはありませんでした。

私が受けた年は2つとも難しく、理想的なのか難ありなのか、判断がつきかねるようなケースでした。

厳選問題集にあるような、分かり易いケースではなく、答えが「どちらにもとれる…」というような悩みポイントがいくつもありました。

見直し含めて時間がギリギリです。

「ん?これ難しいな。だから、こっちに時間を掛けても大丈夫ね!」とのんびり解いていると、時間が足りなくなる可能性大です。

でも、「これはどっちのケース?」など無駄なことで悩まず、「産業カウンセラー」としての基本姿勢を大事にすれば解けます。

多少知識で間違えても、逐語で挽回できますので、全力で誠実に行きましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です