一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

逐語記録のテーマについて

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

人気キーワードが逐語記録のようなので(笑)、また少し逐語のことを書いてみます。

逐語記録は、普段より長めの20分×2回。

意外と長いです(笑)。

テーマによっては、結構時間が余ってしまうようで、2回目の時に「最初の悩みは自分なりに片付いたので…」と、他の悩みも話す方もいました。

うまくやれば、それも「カウンセラーの腕が良かった」ということになりますが、あまり継続面接の意義もなくなってしまうので、なるべく同じ悩みを使った方が良いと思います。

そこで、幾つかポイントを。

①クライエント時は、話をふくらませやすい悩みにすべし

私は、厄介な相手から「旅行」の相談を受けてしまったので…

相手も時間をもて余してとんでもないこと言ってくるし、私も焦るし、本当に困りました。

会社や家庭の悩みなど、膨らませられる悩みが、お互いにやりやすいです。

②沈黙を恐れない

沈黙を恐れては行けません(笑)。

私の場合、たびたびの沈黙に焦り、質問を多くしてしまったり、「何か言わねば」と適当に話してしまったところ、「もっとクライエントに話させる」「主観はダメ」など、ダメ出しの嵐でした。クライエントに考えさせる時間なので、沈黙も問題ないとのこと。

やはり、でしゃばってはいけないのです(^-^;

③ついでに、実技練習にしとく

終わってから思いましたが、これ、実技テストのいいリハーサルになりますね。

クライエント役の時は、相手が共感しやすい話を選び、時間を気にして話してみましょう。(テストの時は半分くらいです。クライエント役の時は、あっという間に感じるかも)

カウンセラー役の時は、共感やあいづちなど、バリエーションを多く試してみましょう♪

書き方については、また後日書いてみますね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です