一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

15年前の新婚旅行~ガイドキラー

2019/05/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

起床後、ホテル内のレストランにて朝食。これが実にまずいビュッフェなのに、かなり高い。(ちなみに今回のツアー、高いのに朝食さえ付いていないのだ!)

かなりテンション下がりつつ、オプショナルツアーへ出発。元小学校教諭で婦人会会長の義母は、分かりやすいブランド的なものが好きらしく(相方いわく)「世界遺産巡り+リフレクソロジーツアー」(@A$200)である。

私は、正直あまり興味のないツアーである。(私は絶対にイルカと戯れたかったのだが…義母の「世界遺産!」と言う主張に負けた…。今回は義母の為の旅行であるし…)

リフレ付きとなしのツアーがあったが、相方はリフレ付きを希望した。そして、何を隠そう、本来挙式する予定だった「アヴィカ・リゾート」で施術してもらえるということで、私も合意。義母は世界遺産が見られれば良かったようで、そこには余り触れていなかった。

そして、お迎えのバスの中、ワレワレはかったるい&眠いので睡眠タイム。時折目を覚ますと、義母がガイドさんに「え?」と思うような質問をしている。止めようかとも思ったが、めんどくさいのでガイドさんに任せ、放置。そしてお目当ての世界遺産スポットに到着。心なしか、ガイドさんが疲れている様にも見えたが、義母は自分の話を聞いて貰って満足げである。そして、勿論質問攻撃は続いていく。その後何箇所か周るが、正直大して変わらない。生えている植物が違うくらいなのだが、義母はその事実を知り満足していた。私は、義母を見ているほうが面白かった(笑)

さらに世界遺産について質問している義母に、相方が「田舎に住んでいるくせに何で自然ばっかり見たがるんだ」とナイスなツッコミ。私は大爆笑。義母も苦笑していた。

その後は、アヴィカリゾートへ。確かにキレイ。でも確かにゴルフ場っぽい…(ゴルフ場を改装したらしい)

ゴージャスな部屋で義母と二人マッサージタイム。極楽…。思わず寝てしまう。

お昼はアヴィカでパスタランチ。ドライトマトのパスタやサラダとボリューム満点。その後、ホテルの近くで降ろして貰い、またショッピング。義母は昨日小さな店で購入した刺繍のTシャツが気に入った様で、そこにまた出掛ける。

「はうめにー?」

ハウマッチだと思うんですが…その後、義母は全て日本語で「コレ(刺繍)全部アナタが?」などと会話し(勿論店員さんは日本語を喋るわけではない)、何となく会話が終了。

お土産屋等をひやかし、夜の土ボタル鑑賞ツアーに備える。そして、またお迎えの車が。

案の定、義母のエンジンが掛かっている。ワレワレは勿論放置プレイ。単純に行って帰ってくるだけのこのツアー、これだけで一人4000円くらいする。本当にオーストラリアは物価が高い…しかし、土ボタルはとても幻想的で美しかった。それでも、10年位前はもっとすごかったとかで…前回(8年前)見に行っていればよかったな…などと思った。

夜は、街で寿司&ラーメン。特別美味しいわけではないが、やっぱりラーメンを食べるとほっとする。ラーメンは、日本人の国民食であります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です