一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

15年前の新婚旅行~地球のへそ

2019/05/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

土ボタルの美しさを堪能した翌日は、エアーズロックへ向かって出発だ。
よく知らなかったが、エアーズロックへ行くにはまずシドニーに出て乗り継いで行かねばならない。
所要時間4時間半。これでは成田から上海行ってもお釣りが来る。

ところで…オーストラリアは夏だというので、半袖ばかり持ってきたが、意外と涼しい。
しかも空港や店の冷房はハンパない。
白人とは体感温度が違うと言うのは本当だ。
私が青白くなって震えているというのに、ヤツラ下手すりゃノースリーブでジュースなんか飲んでやがるのだ。

素足にサンダルばきだった私は寒くてたまらず、機内では毛布を2枚掛け、更に相方から靴下を借りて履き、コーヒーを飲んでいた。

エアーズロックに着くと、砂漠だけに暑い。
そして、意外と広いことに気付く。

ホテルに到着。
何か、ジャングルの中のホテルといった感じ。
コテージ調の建物で、ドアや壁には様々な昆虫が。

一休みしてから散策→ランチ。
予約無しでも気軽に入れるというイタリアンに決定。

しかし…
ここで頼んだパスタが、後に義母のトラウマになる。

カルボナーラとボロネーゼ(でかいので、三人で2個)を頼んだんだけど…
このボロネーゼが妙にくさい。
そうか、こっちは羊がポピュラーなのね…
想像もしなかった味に絶句。
食後、スーパーに水を買いに出掛ける。
これが実に高い…小さいペットボトルで2ドルくらいする。

明日の登頂に備え、一人1リットルの水を用意するようにガイドから脅されたので、素直にたくさん買った。

その後、今日はサンセットのエアーズロックを見に行くということで、バスで向かう。
目的地は見えているのに、なかなか着かない。
そして、いざ到着して近くで見るエアーズロックといったら!
でかい。
ただひたすらデカい。

普段、パンフレットしか見たことがないので、姿形こそ知っているものの、スケールが全然違うのだ。
やはり、これは行って見なければ分からない事である。
「ただの岩に登って何が楽しいのだ」と思っていたけど、これは是非とも登りたいと思った。

そして、夜は、ホテル内のビュッフェレストランに。

焼いてある肉を見つけ、何かと尋ねたところ、カンガルー肉。
一口食べたが、若干臭くてまずい。
てゆーか、全体的にここも高くてまずい…
義母も食欲がないようだ。
私的にも、最近アジアづいていたので、大雑把な味付けに辟易。

そんなところで、明日は3時起きのため、早々に部屋に戻って就寝する。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です