一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

15年前の新婚旅行~成功率55%

2019/05/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

早朝。
サンライズを見に行くというので、異様に早起きさせられる。
高いお弁当を買い(1個千円くらいする、塩おにぎり弁当)、どんどん岩肌が変化するさまを見る。

キレイだけど、いつ日の出?

…と思ったら、太陽は見えず、岩肌だけのものらしい。
寒い中で見ていた義母は
「あんなので早く起こされたのか?!」とおかんむり。
更には
「鳥海山の朝日の方がよっぽど感動的」とご立腹だった。

そして、いよいよ登頂♪
やっぱりテンションが上がってくる。

ところが…

風が強い、という事で、登る事が出来なかった。

エアーズロックは、実は今でも毎年死者が出ているらしい。
国立公園であるからして、管理しているスタッフたちがいて、彼らは登頂の可否を温度や風で判断し、一時間に一度[OK][NG]の旗を入口に掲げる。

砂漠なので、風が大丈夫であっても、温度でダメになったりする。
そう言った事情で、成功率は55%だとか…
(ツアーの日程表に小さく書いてあった…最初にいえよ!)

二度と来る事はないだろう、と登頂を楽しみにしていた義母だったが、命は惜しいので、麓のアボリジニの壁画などを見に行く散歩コースに出向く。
これも、結構感動的ではあったが、やっぱり登ってみたかったな…

がっかりした後、ワレワレは早くもシドニーへ向かう。
エアーズロックには一泊しか出来ない。
もう一日延泊すれば良かったな…

気付くと、楽しい旅行も終盤に差し掛かってきた。
JCBプラザの営業時間を確認し、最終日のクルーズの予約を入れてもらう。

そして、一路シドニーへ。
案の定、お迎えのガイドさんと話し込む義母。

夜は、JCBで予約を入れてもらった中華料理。
有名な店らしく、料金は高かったけど、チャーハンや汁そばといった、安いメニューばかり頼んでしまったので、安上がりで済んだ♪

そして、またお土産屋巡り。

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です