一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

2006年ペナルティ単独ライブ

2019/06/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

ちょうど最近、袋に入ったまましまいこんでいたものを開け、部屋着にしているTシャツを見て、当時のBlogを拾ってきました(笑)。

ーーー

今日は年に一度のペナルティ単独ライブ!
来年は恐らくいけなさそうだし、絶対行きたいと思っていたのだ。

今日は、同時期にペナファンになったTちゃん、沖縄で仲良くなったM、それにペナファンのTさんと4人で見ることに。

単独ライブは19時~。
本当は14時~17時まで習い事もあったんだけど、それに行って体調が悪くなるのは避けたいので、家でゆっくりし、いざルミネへ。

18時の待ち合わせでルミネにつくと、聞いていなかったのに今年もちゃっかりTシャツが売られている(爆)
それに、風祭翔のCDまで(爆)

今年のTシャツは、黄色地に赤字で胸に「五」と書かれている。
どうやら五反田の五らしい…
Mにつられて私も一枚購入。2000円なり。

後、色違いで黒にピンクの文字があったらしい。そっちのほうが良かったな…
てゆーか、去年の方が可愛かった!
去年、買っておけばよかった…

ロビーで次々とペナファンの方に会う。
一言二言話して入る内に、結構いい時間となり、会場へ。

今回は、F列の左ブロックだったのでまずまず見やすい。
定刻よりやや遅れて、唐突にワールドカップのVが流れる。

画面はジダンの頭突きシーン。
「これの真実は」と言うテロップとともに、舞台に人影が。
どうやらワッキーがジダンに扮したらしい。なんとも気持ち悪い(笑)
そして、ヒデさんと何パターンかの回答を再現するというもの。
個人的には、一番最初のカップルバージョンが好きだった☆

その後、
*募金サークル
(とてもイマドキの大学生には見えないワッキー(今時シャツをジーパンにIN!ってありえねぇ…笑)たちの募金サークル(つーかフツーはボランティアサークルだよなぁ。
に入ってきたヒデさん。路上でのへんな募金活動を始めると、ライバル高校の募金サークル(しかもリーダーはカリカのリンリン)がやって来て、募金対決!)

*ヒデさんが拾ってきた人形「キュッピィ」のコント
(とてもキューピーには見えないワッキー…しかし着ぐるみが似合うなぁ)

*リストラされたサラリーマン・ワッキーが、ヒデさんが人事部長を勤める会社に再就職の面接に来るコント
(「嘘はダメ」という社風にあわせ、履歴書に書いた特技や趣味を無理やり実行させられます。巨大風船が客席まで回って来た…返したかった(;_;))

*BBQ
(買い物に来たワッキーが、何気なくキャンプグッズを見に来ると、展示されているテントの中から店長のヒデさんが登場!BBQの魅力を熱く語り、レクチャーを始めます…。とにかくヒデさんが輝いていた(笑)。)

*取材コント
(山奥に一人で長いこと生活しているワッキーと、取材に来たヒデさんのおかしいやりとり。日本刀を磨いていたはずのワッキーが、最後はメイド服に着替え、ただの年寄りのオタクだった…というオチ)

やっぱり、ペナは面白い!
…んだけど、毎年クォリティが下がっているような(^^;
つーか、わしが求めるハードルが高すぎるのだろうか。

合間に流れるVも、どんどん簡単になってる気がする(笑)
まぁ、ワールドカップもあって忙しかったんだろうね…
ドイツでのVがすごく多かったです。

Vで、一番面白かったのは「世界の車窓から」で及川ホタルがドイツを案内するもの。
実際のナレーションも石丸謙二郎がやっていた(@_@)

最後、埼玉TVのアナウンサーになれたキュッピで終わるのがすごいよかった☆

今年の単独は「キュッピィ」と「BBQ」が良かったな

本当は、明日も見に行きたいんだけど、杉山さんの野外ライブなんだよね…
これも年に一度しかないし、今度いついけるか分からないので、明日は我慢です。

ライブの後、Mとオムライスを食べて帰宅。
京王新線に乗ろうとしたら、花火で相当ダイヤが乱れていた…
混んでるのも嫌なので、来た道を戻ってバスで帰ることに。

帰ると相方がだれた格好でおやつを食べていた。
なーんか、生まれてくる子供が同じ格好をしそうな気がして不安だわ…

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です