一部上場メーカーにて27年間勤務ののち、生涯の仕事を求めて産業カウセラーの養成講座へ。育児しながら実技・学科共に一発合格♪勉強の仕方や試験対策、養成講座の課題,育児や介護、終活などについても楽して役に立つ情報を載せています☆杉山清貴さんファンの方からのお問い合わせも大歓迎♪♪

2009年の伊豆旅行

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

まだ、長男が小さい頃に、お友達家族と旅行した時の日記です。

——–
週末に、相方の友人一家と伊豆へ行きました。

実は、伊豆へは1月にも行ったばっかりなんですけどね(笑)
寒い時期っつーと、行く場所にあまり選択肢もないし、前回行った伊東の「マリンタウン」が思いのほか楽しかったのでまぁいいやと。

本当は初島へ行きたかったものの、予約が取れず、安易にエクシブの伊豆高原に。
前回この友人一家と行った房総のホテルが随分ひどかったので(HPの写真にだまされた…)今回は外せん!と手固くエクシブに…
>私は一度泊まった事があるので他のところがよかったんだけど

行きは小田原で11時に集合。
車もなく思い切り林家(ペーパー)なわしらは友人一家の車に乗せて貰います。
ロマンスカーは定刻通り小田原に到着。

ところが、あちらの姫が途中でモドしてしまったらしく、30分ほど小田原で待機。
行く予定もないのに、なんたらフェアとか熱心に駅ビルのガイドを熟読(笑)
子供がいると、予定通りには行かないもんです(笑)

1年ぶりであった姫(三歳)は、ますますパパにそっくりに。
彼女は「お姫様になりたい」そうですが、ほぼ未来予想図を横に見てしまうと…
うーん、彼女が現実の厳しさに気が付くのはいつだろう…と、余計な心配。
>「野菜を食べないとお姫様になれないよ」と言っておいたので、多分「野菜を食べなかったせいだ」と思ってもらえることでしょう。グッジョブ?!<自分

さすがに少し渋滞があったのと、出発が遅れたため、伊豆高原でランチの予定だったところをマリンタウンへ変更。
前に行ったレストランでランチ。

悩んだ挙句、海賊丼に。
ゴハンの上にアジやら海老やらが乗っているのですが、つーか、ゴハン見えないっす…
でも、食べているうちに気が付きます。
これ、ただのアジ丼です…

ちょっと残念な事実に気が付いた上に、車中でお菓子を食べてしまった私は、丼の大半を相方に渡します。
すると奴、友人から貰ったお出汁を掛けてお茶漬けを楽しんでおりました。
一口貰い、食べてみるとかなりうまいです。
これ、メニューに入れるべきだね(笑)
こうやって、「まかない食」がメニューに昇格するのだろうか。

子供たちは空いている一角でぐるぐると走り回り楽しそうです。
やっぱり子供同士は馴染むのが早い早い!ま、会うのは二度目だが…

隣のお店で三種類の具材を混ぜて作ってくれるアイスを食べ、ちょっと海辺を散歩し、そのままエクシブへ。

蓼科や初島には劣るけど、まずまずです。
ちょっとお部屋でのんびりしてから温泉に入り、プールへ向います。
と言っても、泳ぐ訳じゃありません。
エクシブ伊豆の20周年記念イベントということで、シンクロのショーが始まるのでした。
メダリストがやるというので、これは見なくては(タダだし)。

狭いプールの中、濃いメイクのおねーさんたちが登場。
暗くなった会場に、息子は大丈夫かと思いきや、思いの外真剣に見ています。
恐らく、彼にとってはアシカショー感覚だったと思われます。
私的には間近で見る作り笑顔がコワかったが…(笑)

いや、迫力あるんだけど思い切りおねーさんがたの目の前で嫌な顔をして水しぶきを払うおっさんとか、そんな方に目が行ってしまいました。
でもやっぱりあの人間離れした笑顔は必見ですな。

ちなみにその後、姫は温泉でシンクロの真似をしていたそうですが…
我が息子は部屋のお風呂で済ませてしまい、温泉に入れなかったことに今気が付きました。
ひどい親だ…>わしら

夜は豪華なビュッフェを楽しみ(エクシブは本当に料理の外れなし)、部屋で遊び、朝また温泉に入り、朝ごはん。
朝のビュッフェもとても素敵でした。
デザートまであるのでお腹いっぱいです。
姫も息子もたくさん食べました。子供たち、グルメです。

早めにチェックアウトし、河津桜を見に行こうと思いきや…
なんと、普段一時間のところが二時間掛かると聞かされます。
駅に車を止めて電車で行けば30分、というのでそうすることに。

普段は海を見ながら優雅に載る電車が…
芋洗いです。
関西弁のおばちゃんにオドされ、相方は途中からずっと息子をだっこして電車に乗っていました。

それにしても、駅に停まる度に人が乗って来て…
河津に着いたらあふれんばかりの人です。
どんだけ桜好きなんだよ、日本人。

で、肝心の桜はというともうだいぶ散っています。
桜祭りをやっているらしく、桜海老やらひじきやらアンパンやら、次々と手のひらに集まってきます。
私が「試食通り」と名づけた通りと川っぺりをちょこっと歩き、早くも帰る決意を固めました。

息子は着く前から寝ていたので、桜を見ずに伊豆高原に逆戻りです。
目覚めた時は車に乗る時でした…
大体こいつって肝心なところでいつも寝てます。

まあ、混雑していたところに行くとレジャー気分も高まるので良しとします。

その後、いちご狩りをすべく韮山に。
渋滞を避けて山ルートで向いますが、山道は子供だけでなく大人も気持ち悪くなりました。

そして、いちご狩りセンターに。
姫も息子も、お昼を食べていないこともあり食べる気まんまんです。
昔は食べなかったのに、最近いちご好きみたいなんだよねえ>息子

そしてビニールハウスに入ると、見渡す限りのいちご!
品種は「紅ほっぺ」だそうだが…思ったより甘くない(笑)

息子には小さいサイズを選んで渡し、交互に食べました。
ちょっと大きいとママに返す…どうやらちょうどいいサイズがあるらしい。

大人たちは、食べている内にすぐ飽きてしまい、出口に向かいます。
息子には出口まで一応4つほど持って出たのですが…
全部食べてしまい、まだ食べたかったらしいです。
どんだけ食べたんだろう…手も真っ赤になってました。

その後沼津港に向かい、何も買わずにお散歩。
姫が泣いてしまったので、そのまま帰ることに。
…ってもう16時回ってるし。

三島の流れ寿司(回転じゃない)で昼兼晩御飯。
安くて美味しい♪
息子はツナ巻が気に入ったようです。

そして、帰りは新松田からロマンスカーで。
今回、電車も車でも息子はいい子だったなぁ。

疲れたけど、旅行に行った感ありありでよかったです。
そして、今週末も富士急に向います(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋杏花里
一部上場のメーカーにて27年間、子育てと両立させながら、秘書や営業事務を経験。only oneの生涯続けられる仕事を求め、産業カウンセラー養成講座に通学・受験。暗記や問題集に頼らない学習で、学科・実技共に一発合格で産業カウンセラーの資格を取得しました。好奇心と向上心を忘れずに、杉山清貴さんをこよなく愛しながら、一男一女の母やっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です